オンラインスロットをプレイ

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

ITbM は学際的な研究を行う国際研究拠点であり、合成化学、生物学、理論科学の分野で世界をリードする研究者が参画しています。2013年に10名の主任研究者(以下PI。本学7名、海外3名)"> ITbM は学際的な研究を行う国際研究拠点であり、合成化学、生物学、理論科学の分野で世界をリードする研究者が参画しています。2013年に10名の主任研究者(以下PI。本学7名、海外3名)"> ITbM は学際的な研究を行う国際研究拠点であり、合成化学、生物学、理論科学の分野で世界をリードする研究者が参画しています。2013年に10名の主任研究者(以下PI。本学7名、海外3名)"> JP | EN SEARCH ALL ホーム ITbMについて About ITbMについて メッセージ 研究分野 研究体制 研究環境 メンバー Member 教員一覧 吉村グループ山口グループBodeグループCruddenグループFrommerグループ伊丹グループ上川内グループKayグループ木下グループ大井グループTamaグループ鳥居グループ土屋グループ柳井グループLaohavisit グループ水多グループPhung グループ栗原グループ分子構造センターライブイメージングセンター化合物ライブラリーセンターペプチドプロテインセンター事務部門連携研究者 ニュース イベント情報 研究ハイライト 論文 公募情報 アクセス 寄附 Giving ご支援のお願い ご寄附の方法 ご寄附者へのお礼 ご寄附の使い道 税控除について よくある質問 ホーム ITbMについて研究体制 Organization 研究体制 --!> ITbM は学際的な研究を行う国際研究拠点であり、合成化学、生物学、理論科学の分野で世界をリードする研究者が参画しています。2013年に10名の主任研究者(以下PI。本学7名、海外3名)を集めてスタートし、2016年までにさらに3名のPI(本学1名、海外2名)が加わりました。 2022年度からは、新拠点長のリーダーシップの下、昨今の地球規模の気候変動への対応やデータサイエンスの活用を視野に入れ、人類の健康に貢献する研究に取り組むべく、ダイバーシティ推進にも鑑みながら新たに4名のPI を加えました。 ITbM では、世界トップレベルの研究者が海外PI として参画する仕組みとしてCooperative PI (Co-PI) 制度を導入しています。Co-PI 制度とは、優秀な若手研究者をCo-PI として採用し、海外PI と連携してグループを共同で運営する制度です。この制度により、海外PI は海外にいながらITbM でも独自の研究を継続的に行うことができ、ITbM の世界的な認知度向上にも貢献しています。また本学のPI にもCo-PI を配置し、研究に専念できるように体制を整備しました。 ITbM の研究推進の鍵を握るのが、ITbM のマネジメントディビジョン、リサーチプロモーションディビジョン(RPD: ResearchPromotion Division)、戦略企画ディビジョン(SPD: StrategicPlanning Division)のメンバーです。RPD は、各グループの科学的発見を早期に見出すことで融合研究の創出、推進に貢献するだけでなく、広報やサイエンスビジュアリゼーションなどの多様な活動を通じて社会におけるITbM の認知度向上に寄与しています。SPDは、研究成果の特許出願や産学連携を通じて、社会実装を推進しています。また、研究遂行に必要不可欠な4つのセンター(化合物ライブラリーセンター、ライブイメージングセンター、ペプチドプロテインセンター、分子構造センター) が設置されており、ITbM における融合研究の推進に大きく貢献しています。このようにITbMの研究活動は、高い能力を備えた献身的な多くのスタッフによって支えられています。 ITbM は、研究所の国際化と国際共同研究の強化を通じて、世界的な研究ネットワークを戦略的に拡大してきました。これまでに、The NSF Center for Selective C-H Functionalization(NSFCCHF、米国)、理化学研究所環境資源科学研究センター(CSRS、日本)、中央研究院化学研究所(IoC, Academia Sinica、台湾)、およびケニア農業畜産研究機構(KALRO、ケニア)といったパートナーとの国際的な協力関係を強化しています。2020年には、中央研究院化学研究所(IoC, Academia Sinica、台湾)に伊丹研究室が発足し、緊密に連携をとりながら研究を進めています。 ITbMには国内外に連携機関が存在します。海外PIの所属する6つの大学・研究機関に加え、全米科学財団(NSF)の研究拠点であるCenter for Selective C-H Functionalization、理化学研究所・環境資源科学研究センターおよび台湾の中央研究院化学研究所と緊密な連携をとっています。 また、ITbMと共同で研究を推進する国内外の研究者に連携研究者として参画いただき、協力して研究を推進しています。 ITbMは研究遂行に必要不可欠な4つのセンターを設置しています。分子の同定を行う分子構造センター、分子を一元管理しバイオアッセイなどを行う化合物ライブラリーセンター、バイオイメージングを行うライブイメージングセンター、そしてペプチドやたんぱく質を迅速に合成するペプチドプロテインセンターです。これらのセンターは外部機関からの利用も可能で、最先端の測定技術・装置を兼ね備えています。 ITbMを支えるもうひとつの重要な組織が事務部門です。事務部門長のもと、マネジメント部門(総務・会計担当)に加え、研究のプレスリリースなど様々なアウトリーチ活動に関する業務を研究者と一体となって推進するリサーチプロモーションディビジョン、研究成果の技術移転や社会実装を推進する戦略企画ディビジョンを設置しています。--!> それぞれの分野を牽引する国際的な科学者の集団 伊丹 健一郎 拠点長 東山 哲也 副拠点長 山口 茂弘 副拠点長 松本 剛 事務部門長 名古屋大学 主任研究者 化学 伊丹 健一郎 化学 大井 貴史 化学 山口 茂弘 生物学 東山 哲也 生物学 木下 俊則 生物学 吉村 崇 理論化学 フロレンス・タマ 理論化学 柳井 毅 事務部門 松本 剛 マネジメントディビジョン リサーチプロモーションディビジョン 戦略企画ディビジョン 連携機関 協議会・委員会 運営協議会 環境・安全性委員会 海外機関 主任研究者 化学 ジェフリー・ボーディー チューリッヒ工科大学 化学 キャサリン・クラッデン クイーンズ大学 生物学 鳥居 啓子 テキサス大学オースティン校 生物学 ウォルフ・フロマー デュッセルドルフ大学マックス・プランク研究所 生物学 スティーブ・ケイ 南カリフォルニア大学 センター 佐藤 綾人 化合物ライブラリーセンター 佐藤 良勝 ライブイメージングセンター 大石 俊輔 ペプチドプロテインセンター --!> ITbMについて メッセージ 研究分野 研究体制 研究環境 内部アクセス リンク サイトポリシー お問い合わせ 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 © Institute of Transformative Bio-Molecules (ITbM), Nagoya University Page Top Home About ITbMについて メッセージ 研究分野 研究体制 研究環境 Member 教員一覧 吉村グループ山口グループBodeグループCruddenグループFrommerグループ伊丹グループ上川内グループKayグループ木下グループ大井グループTamaグループ鳥居グループ土屋グループ柳井グループLaohavisit グループ水多グループPhung グループ栗原グループ分子構造センターライブイメージングセンター化合物ライブラリーセンターペプチドプロテインセンター事務部門連携研究者 News ニュース Event イベント情報 Research 研究ハイライト Publications 論文 Careers 公募情報 Access アクセス Giving ご支援のお願い ご寄附の方法 ご寄附者へのお礼 ご寄附の使い道 税控除について よくある質問 内部アクセス リンク サイトポリシー お問い合わせ

オンラインスロットをプレイ じょいかじの ハワイアンドリームジャックポット フレッシュダイス
Copyright ©オンラインスロットをプレイ The Paper All rights reserved.