「カジノレオ」というオンラインカジノでのログインが ...

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

JP | EN SEARCH ALL ホーム ITbMについて About ITbMについて メッセージ 研究分野 研究体制 研究環境 メンバー Member 教員一覧 吉村グループ山口グループBodeグループCruddenグループFrommerグループ伊丹グループ上川内グループKayグループ木下グループ大井グループTamaグループ鳥居グループ土屋グループ柳井グループLaohavisit グループ水多グループPhung グループ栗原グループ分子構造センターライブイメージングセンター化合物ライブラリーセンターペプチドプロテインセンター事務部門連携研究者 ニュース イベント情報 研究ハイライト 論文 公募情報 アクセス 寄附 Giving ご支援のお願い ご寄附の方法 ご寄附者へのお礼 ご寄附の使い道 税控除について よくある質問 ホームメンバーFrommerグループWolf Frommer Frommer Group Frommerグループ RESEARCHERID Wolf Frommer 主任研究者、教授 (デュッセルドルフ大学、ドイツ) Website: http://www.molecular-physiology.hhu.de/en.html E-mail:wfrommer[at]itbm.nagoya-u.ac.jp ※メール送信の際は[at]を@に置き換えてください。 システムバイオロジー、植物分子生物学 Frommerグループでは農業に資する糖などの生体内代謝物の可視化指示薬及び制御ツールの開発、並びに植物の膜輸送タンパク質の研究を行っており、以下の3つの研究テーマを展開しています。 ⑴ In vivo biochemistry: 代謝物の生体内動態を可視化する蛍光指示薬と代謝制御ツールの開発 ⑵ 膜輸送タンパク質の基質選択性の解析と阻害剤の単離 ⑶ 代謝フローを制御する低分子化合物受容体の同定 プロフィール 1982-1983Masters thesis (Dipl. Biol.), University of Köln, Germany --> 1983-1987Dissertation (Dr. rer. nat.), Institute for Genetics, University of Köln, Germany 1988–1989Postdoctoral fellow, Institut für Genbiologische Forschung, Germany 1990–1991Head of research group, Institut für Genbiologische Forschung, Germany 1992–1996Head; Independent Young Investigator Group, Institut für Genbiologische Forschung, Germany 1996-2003Full Professor, Chair of Plant Physiology; Eberhard-Karls-Universität Tübingen, Germany 1997-2001Cofounder and Director; Center for Plant Molecular Biology Tübingen (ZMBP), Germany 2003-2017Staff Member; Carnegie Science, USA 2004-2011Adjunct Professor; Stanford University, USA 2006-2016Bio-X Affiliated Faculty; Stanford University, USA 2007-2009Vice President; JBEI (Joint Bioenergy Institute), USA 2007-2015Visiting Faculty; Laurence Berkeley National Laboratories, USA 2007-2016Director; Carnegie Science, USA 2011-2016Full Professor; Stanford University, USA 2016-2017Adjunct Professor; Stanford University, USA --> 2016-現在名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所 客員教授、海外主任研究者 2017-現在Full Professor; Heinrich Heine Universität Düsseldorf and Max Planck Institute for Breeding Research, Köln, Germany 2017-現在Humboldt Professorship; Heinrich Heine Universität Düsseldorf and Max Planck Institute for Breeding Research, Köln, Germany 主な受賞・栄誉 2018 Tsungming Tu Award 2016 Alexander von Humboldt Professorship - International Prize for Research in Germany 2017 Clarivate Analytics Highly Cited Researcher 2018 Clarivate-Web of Science Highly Cited 2015 German National Academy of Sciences Leopoldina 2012 Laurence Bogorad Award for Excellence in Plant Biology, (American Society of Plant Biologists) 2009 ISI Highly Cited 2003 Fellow of American Association for the Advancement of Science AAAS 2001 Körber Award for European Science 1998 Gottfried-Wilhelm-Leibniz Award from Deutsche Forschungsgesellschaft 1992-1996 Young Investigator Award (Nachwuchsgruppe am Genzentrum Berlin, Institut für Genbiologische Forschung) 主な論文 Moe-Lange J., Gappel N., Ehrhardt D.W., Haswell E.S., Frommer W.B. & Kleist T. Ast C., Oltrogge L.M., Foret J., De Michele R. & Frommer W.B. 2021, Role for the mechanosensitive ion channel MSL10 in wound-induced electrical signaling. Science Adv. 7: eabg4298. (PMID:28874729) Isoda R., Yoshinari A., Ishikawa, Y., Sadoine M., Frommer W.B. & Nakamura M. 2021, Sensors for plant hormone quantification, localization and analysis of dynamics. Plant J. 105, 542-57. DOI: (doi:10.1111/tpj.15096). Kim J.Y, Symeonidi E., Pang T.Y., Denyer T., Weidauer D., Wudick M., Lercher M., Timmermans M. & Frommer W.B. 2021, Distinct identities of leaf phloem cells revealed by single cell transcriptomics. bioRxiv 2020.09.11.292110; DOI: (doi.org/10.1101/2020.09.11.292110). The Plant Cell 33, 511-530. DOI: (doi.org/10.1093/plcell/koaa060). Iwatate R.J., Akira Yoshinari A., Yagi N., Ogasawara H., Grzybowski M., Kamiya M., Taki M., Yamaguchi S., Frommer W.B. & Nakamura M. 2020, Covalent self-labeling of tagged proteins with chemical fluorescent dyes in BY-2 cells and Arabidopsis seedlings. Published in BioRXiv/2020/983924. The Plant Cell 32, 3081-3094. DOI: (doi.org/10.1105/tpc.20.00439) Oliva R., Ji C., Atienza-Grande G., Huguet-Tapia J.C., Pérez-Quintéro A., Li T., Eom J.S., Li C., Nguyen H., Liu B., Auguy F., Scaliano C., Luu V.T., Dossa G.S., Cunnac S., Schmidt S.M., Slamet-Loedin I.H., Vera Cruz C., Szurek B., Frommer W.B., White F.F. & Yang B. 2019, Broad-spectrum resistance to bacterial blight in rice using genome editing. Nature Biotech. 37, 1344-1350. Eom J.S., Luo D., Atienza-Grande G., Yang J., Ji C., Luu V.T., Huguet-Tapia J.C., Liu B., Char S.N., Liu B., Nguyen H., Schmidt S.M., Szurek B., Vera Cruz C., White F.F., Oliva R., Yang B. & Frommer W.B. 2019, Diagnostic kit for rice blight resistance. Nature Biotech. 37, 1372-1379. Ast C., Oltrogge L.M., Foret J., De Michele R. & Frommer W.B. 2017, Matryoshka, a ratiometric fluorescent protein for engineering quantitative broad range and ultra-high sensitivity biosensors. Nature Comm. 8:431 (PMID:28874729) 教員一覧 吉村グループ山口グループBodeグループCruddenグループFrommerグループ伊丹グループ上川内グループKayグループ木下グループ大井グループTamaグループ鳥居グループ土屋グループ柳井グループLaohavisit グループ水多グループPhung グループ栗原グループ分子構造センターライブイメージングセンター化合物ライブラリーセンターペプチドプロテインセンター事務部門連携研究者 内部アクセス リンク サイトポリシー お問い合わせ 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 © Institute of Transformative Bio-Molecules (ITbM), Nagoya University Page Top Home About ITbMについて メッセージ 研究分野 研究体制 研究環境 Member 教員一覧 吉村グループ山口グループBodeグループCruddenグループFrommerグループ伊丹グループ上川内グループKayグループ木下グループ大井グループTamaグループ鳥居グループ土屋グループ柳井グループLaohavisit グループ水多グループPhung グループ栗原グループ分子構造センターライブイメージングセンター化合物ライブラリーセンターペプチドプロテインセンター事務部門連携研究者 News ニュース Event イベント情報 Research 研究ハイライト Publications 論文 Careers 公募情報 Access アクセス Giving ご支援のお願い ご寄附の方法 ご寄附者へのお礼 ご寄附の使い道 税控除について よくある質問 内部アクセス リンク サイトポリシー お問い合わせ

kvメヘレン対kaaヘントスタメン ステークカジノ 優雅堂入金不要 188betlinkvào188betmobilemớinhấtt10/2023
Copyright ©「カジノレオ」というオンラインカジノでのログインが ... The Paper All rights reserved.