リヴィングストン対セルティック

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

理事長挨拶 理念・目的・業務 組織 沿革 施設案内図 目標・計画・報告・法令・規定等 財務諸表 研究評価 広報活動 施設・貸付 情報公開・個人情報保護 研究開発プログラム 各チームの研究内容 土研の最先端 各年度の主な活動事例 共同研究 受託研究 委託研究 革新的社会資本整備研究開発推進事業 国際研究協力・技術支援 災害支援 寄付金 実験動画 委託業務 技術支援メニュー(民間企業向け) 受賞情報 研究成果報告書 研究成果データベース 発表論文・刊行物データベース 技術情報 プログラム・要領等の提供 特許・知的財産 技術の実用化・普及 技術指導 採用情報 受入情報 HOME 研究成果・技術情報 受賞情報 第33回日本道路会議「優秀賞」受賞 第33回日本道路会議「優秀賞」受賞 受賞名:第33回日本道路会議「優秀賞」受賞 論文題目:再生骨材配合率が高いアスファルト混合物の繰り返し再生の性状変化 受賞者:川上 篤史(土木研究所 道路技術研究グループ 舗装チーム 主任研究員)     田湯 文将(土木研究所 材料資源研究グループ 交流研究員)     新田 弘之(土木研究所 材料資源研究グループ 上席研究員)     五十君 隆次(土木研究所 道路技術研究グループ 舗装チーム)     藪 雅行(土木研究所 道路技術研究グループ 舗装チーム 上席研究員)   賞の概要等: 受賞日:令和元年11月7日 贈賞組織名:公益社団法人日本道路協会 賞の対象:内容の独創性、有益性、信頼度、明解度および発表態度・質疑応答等を勘案し、特に優れた内容の発表を表彰   研究成果の概要:  わが国では、本格的にアスファルト混合物の再生利用が始まり35年以上が経過しており、場所によっては混合物のリサイクルは2~3回以上行われていることになる。 今後も再生混合物の持続的な品質確保を行っていくためには、これら繰り返し再生や再生骨材配合率、再生用添加剤の影響を把握する必要がある。 本研究では,異なる再生骨材配合率および再生用添加剤により混合物の繰り返し再生を行い、混合物性状の変化を把握した。 その結果、繰り返し再生が進むにつれてR率および添加剤の成分差異により、新規混合物の性状との差が大きくなることがわかった。 この繰り返し再生による新規混合物のとの差は、再生骨材配合率100%と再生骨材配合率80%とも同様な傾向を示したが、 再生骨材配合率では80%、添加剤はA(芳香族系)のほうが性状変化の傾向は緩やかになることがわかった。 実験に用いたアスファルトおよび再生用添加剤の組成 ▲このページの先頭へ 研究成果・技術情報 受賞情報 研究成果報告書 研究成果データベース 発表論文・刊行物データベース 技術情報 発表資料 国際標準・規格に関する情報 プログラム・要領等提供 特許・知的財産 技術の実用化・普及 技術指導 アクセス お問合せ サイトマップ 関連リンク プライバシーポリシー $(document).ready(function() { $('.gnav').dropit({ action: "mouseenter", beforeShow: function() { $(this).parent().find(".dropit-submenu").slideDown(); } }); }); -->

acミラン対インテルナツィオナーレ・ミラノ試合 onlineblackjack サッカーワールドカップ2026 onlineblackjack
Copyright ©リヴィングストン対セルティック The Paper All rights reserved.